木屋町文化祭(仮) 2018

京まちなか映画祭2019

京まちなか映画祭2019
  • 開催日程
    2019年11月28日~12月1日 <本祭>
  • 上映会場
    indigo
    総本山誓願寺 講堂
    ジェリービーンズ
    ほか
  • 上映予定作品
    上映予定作品
    ① 拳銃と目玉焼(安田淳一監督)
    ② みぽりん(松本大樹監督)
    ③ Bluebird(浅川周監督)
    ④ 「冬のワッへンフィルムスタジオ大放出祭2019」
      飯塚貴士監督作品特集
    ⑤ 宇治茶監督作品特集
    ⑥ 極東ゲバゲバ風雲録(中島悠作監督)
    まだまだ10作品ほど交渉中です!
    宇治茶監督と飯塚貴士監督によるワークショップを企画中です。
    また、トークイベントとして
    バンヒロシ大学(出演:バンヒロシ、安田謙一)も開催いたします!
  • 料金
    ※発売開始は後日発表となります
  • 主催
    京まちなか映画祭実行委員会 実行委員長:バンヒロシ
  • 連携映画祭
    京都国際映画祭2019
  • 後援
    中京区民まちづくり支援事業
  • 協力
    新京極商店街振興組合、協賛企業様
  • 連携
    まなびや実行委員会
  • twitter
  • facebook

「京まちなかを歩いて映画を観よう!」をテーマに開催する「京まちなか映画祭」は、
上映会場を従来の映画館だけに限定せず、カフェやバー、ライブハウスにお寺など
様々な場所を会場とし、音楽に関する映画など多くの作品を上映してきました。
特に、音楽ライブと映画の対バン形式で行う上映は「京まちなか映画祭」の得意分野で、
様々なミュージシャンが映画の上映前後を盛り上げてくれています。
昨年は運営体制などを、1から作り直し、
協賛金やクラウドファンディングなどを活用させていただき、
木屋町文化祭(仮)として12月1日2日に木屋町にて「BULL FES」という音楽祭と共に開催しました。

‘今年もまた、京まちなか映画祭を開催いたします’

今年は昨年好評だった様々なイベントに加え、
「京まちなかMVパーティー」といった若手映像作家とミュージシャンをマッチングし、
新たな映像作品を生み出す新たな企画を立ち上げます。
開催日程も昨年から増やし、4日間開催による余裕のあるスケジュールで実施します。
映画や音楽で京都のまちを楽しく盛り上げる、そんな想いで、
上映だけではなく、ライブやトークなど「京まちなか映画祭」らしいイベントを企画してまいります。
京まちなか映画祭、再スタートいたします!
ぜひ、みなさまのご理解、ご賛同、ご協力、ご指導、ご鞭撻、応援などなど叱咤激励お願いいたします!
京まちなか映画祭実行委員会 井本 修

上映作品紹介

  • 拳銃と目玉焼

    拳銃と目玉焼
    会場:indigo

    ■「拳銃と目玉焼」あらすじ

    新聞配達員の志朗は心優しいひとり者の中年男。
    志朗の至福の時間、それはコツコツとプラモデルを組み立てている時と、ひそかに想いを寄せるユキが働く喫茶ノエルで彼女の作った目玉焼モーニングを食べている時だった。
    「近くに出没した痴漢を退治してください」 憧れのユキの冗談を真に受け、志朗は恐る恐る深夜の街に出かけて行く。
    しかし肝心の痴漢に出くわす事もなく、替わりにオヤジ狩りにあっていた町工場の社長阪本を「結果的に」助ける事となる。
    無様な成り行きに、そそくさとその場を立ち去る志朗。

    翌朝喫茶ノエルに顔を出すと阪本の姿があった。
    「オヤジ狩りの悪ガキどもをイテもうたろう」
    復讐に燃える阪本の誘いを断りきれない志朗は、オートバイ用のプロテクターをネット通販で購入し、完全防備で参加する事になってしまう。
    阪本の立てた単純かつ卑劣極まりない作戦は意外な展開を見せつつ「結果的に」成功し、初老と中年のオッサン二人は泣いて詫びる不良少年達をボコボコにイテコマスのであった。

    新聞に載った「オヤジ狩り少年、返り討ちにあう」と言う記事を見たユキは、
    「間違った事を許さへん人、好きやなぁ」と感心してしまう。
    その一言は志朗のヒーロー願望に火をつけた。

    バージョンアップを繰り返し、徐々に形となっていく志朗のヒーロー。
    怪しく光る緑の眼、黒光りする手製の仮面が完成した頃、ユキ を巡り物語は新たな展開を見せ始める・・・。

    ■拳銃と目玉焼

    HD/カラー/ステレオ/115分
    2013年

    出 演

    小野孝弘
    沙倉ゆうの
    矢口恭平
    田中弘史
    紅 萬子
    戸田都康
    吹上タツヒロ

    ゆうき哲也



    スタッフ

    監督/脚本/撮影/照明/編集
    安田淳一

    助監督
    今井伊織
    前田智広

    音声収録
    米倉直樹
    桜井健一

    コスチュームデザイン
    安田淳一

    衣 装
    安田淳一
    冨本康成

    機材提供
    有限会社ウィズ

  • 「冬のワッへンフィルムスタジオ大放出祭2019」

    「冬のワッへンフィルムスタジオ大放出祭2019」
    会場:未定

    第1部「処女作と出世作」

    「BLUE IMPULSE」(2009)13分
    監督・編集・音楽・音声:飯塚貴士 
    脚本:飯塚貴士・川村篤史


    「ENCOUNTERS」(2011)30分
    監督・脚本・撮影・美術・音楽・音声:飯塚貴士

  • 「冬のワッへンフィルムスタジオ大放出祭2019」

    「冬のワッへンフィルムスタジオ大放出祭2019」
    会場:未定

    第2部「おばけ短編混合戦」

    「OBAKE」(2014) 3分30秒
    監督・脚本・撮影・美術・編集・音声:飯塚貴士

    「道玄坂の布」(2016)2分27秒
    監督・脚本・撮影・美術・編集・音声:飯塚貴士

    「おばけナンバーワン」(2017)5分30秒
    監督・脚本・撮影・美術・編集・音声:飯塚貴士

  • 「冬のワッへンフィルムスタジオ大放出祭2019」

    「冬のワッへンフィルムスタジオ大放出祭2019」
    会場:未定

    第3部「フォーカード選りすぐり上映」

    テレビ東京系列で放送されたシェアハウス人形活劇
    「フォーカード 」から選りすぐりのエピソードを上映!
    監督 飯塚貴士  脚本 熊本浩武 声の出演 福士誠治 滝口幸広 真山明 大村上航 他
    (C)テレビ東京

  • 極東ゲバゲバ風雲録

    極東ゲバゲバ風雲録
    会場:indigo

    ◎作品名:『極東ゲバゲバ風雲録』

    ◎監督:中島 悠作 (ナカジマ ユウサク)

    ◎出演:瓜生珍太郎、金子由里奈、神田ちめ(写真)、白澤康宏、中島悠作、カンダタ(おどり)

    ◎制作年:2018年

    ◎上映時間:28分

    「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門グランプリ作品


    ◎あらすじ:
    東北へ、10年代へ、未来へ捧げる!
    空前絶後の荒唐無稽なあらびき映画☆
    皆で語ろう、震災を。皆で語ろう、日本を。
    皆で語ろう、未来の事を。
    『極東ゲバゲバ風雲録』は、ラブでピースなコミュニケーションを皆様へお届けいたします。運転免許を返納した人もしていない人も、引き籠りもそうじゃない人も皆で語り合おう!だけど、喧嘩は嫌だ…